ホルモンバランスの影響


肌荒れは、女性なら自分のお肌はですから、とても気になることです。

これはストレスやホルモンバランスの影響だといわれています。

もともと肌はターンオーバーといって28日周期で表皮細胞は入れ替わります。

ところが加齢であったり、紫外線による日焼けや睡眠不足などが原因で肌の再生されるサイクルに狂いが生じてきます。

そして肌荒れが起こります。肌荒れの対処法として、人それぞれ千差万別の対処法があります。

化粧品を全て取り替える人や、なるべく肌に何もつけないという人などもいます。

肌荒れをおこしてしまったときに困ることは、荒れた肌からどんどん水分が蒸発してしまい、さらに肌荒れを助長してしまうことといいます。

つまり保湿というのが一番の肌荒れの対処法です。

顔の肌荒れをさらに押し進めるものとして、女性の場合は化粧があります。

化粧は、決して顔の肌から見れば良いわけはありません。

しかしそうは思っていても、やはり化粧っけ無しで通勤すると人格を疑われてしまうようなことにもなりかねません。

とはいえ、顔がむき出しであるということは、その分ケアしやすいことだと、いっそのこと気持ち的にプラス思考で考える事も大事です。

また顔の肌荒れに関しては、さまざまな化粧品会社などから、星の数ほども数多くの種類の肌荒れ対策コスメなども出ています。

こうしたスキンケア商品をうまく使いこなして、少しでも肌に負担をかけないような、肌荒れの対処法を考えましょう。

コメントは受け付けていません。