表面バリア機能が衰える


肌の表面がカサカサになったり粉を拭いてしまうような状態を、肌荒れと言います。

肌荒れは、皮膚の表面のバリア機能が衰えて紫外線やウイルス、細菌などの刺激に弱くなってしまうと起こりやすくなります。

また、年齢を重ねると皮脂の分泌量や水分が減り、肌が乾燥しやすくなり肌荒れを引き起こします。

なので、皮脂の表面にある角質層の水分不足を補うことが肌荒れの対処法として効果的です。

今は保湿成分が入った保湿力の高い化粧品が多く発売されています。

そういった保湿力が高い化粧品を使ってしっかりと肌に潤いを与えてあげることが大切です。

肌を乾燥から守ることは、肌荒れの対処法として基本になります。

特に季節の変わり目には気温や湿度が大きく変わるので、より一層の対策が必要になります。

また、肌荒れの原因には普段の生活習慣も大きく関わっています。

生活習慣が乱れていたり、睡眠不足だったりすると肌荒れを引き起こしやすくなります。

ストレスも肌荒れの原因になるので、心身の疲れを感じたらゆっくりと休んでリラックスすることも肌荒れの対処法になります。

趣味を楽しんだりマッサージをしたり入浴をしたりなど、自分がリラックス出来る方法を見つけると良いです。

食事も脂肪分を多く摂り過ぎないで、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

今は肌荒れに効果的なサプリメントも多く売られているので、普段の食事だけでは補えない栄養も摂取出来て便利です。

このように、肌荒れの原因を知って、正しい対処をすることが肌荒れの予防と改善に繋がります。

コメントは受け付けていません。