睡眠不足は大敵


肌荒れは年齢問わず悩ませる肌トラブルの1つです。

肌荒れが起きる原因の1つが睡眠不足や栄養の偏りなど様々な原因で肌荒れが起きてしまいます。

一度肌荒れがひどくなってしまったらあとが残ってしまったり、後にボロボロの肌になりかねません。

そんな時の肌荒れの対処法がいくつかあります。まずできる限りの睡眠をとることです。

決まった時間に寝るという習慣をつけてみると肌にも良い効果がみられます。

2つ目の肌荒れの対処法は、ビタミンを多く摂取してみるということです。

もしかしたら肌荒れの原因の1つはビタミン不足からきているものかもしれません。

そうとわかればビタミンを摂取する事で肌の色もよくなり、肌荒れも収まる事でしょう。

ビタミンの摂取の仕方は、ビタミンの多く入ったミカンなどのフルーツを毎日2個程食べるなどでビタミンを多く摂取することができます。

様々な食べ物にビタミンは入っているのですが、

食事が偏りがちな方は上手くビタミンを摂取しできていない場合があるのでフルーツ等はとても効果的となります。

そして最後の肌荒れの対処法ですが、その2つの事を行なってみても

肌荒れがよくならなかったという方にはまず医師に相談してみてください。

大袈裟なとおもわれるかもしれませんが、原因がわかれば正しい薬を処方してくれるので案外早く肌荒れが治る場合が多いのです。

今話した中でも、ビタミンの多いフルーツを摂取する事が一番肌荒れを抑えたりする効果を持っています。

コメントは受け付けていません。